GOSENGOSEN
Impact Zone Design

フェザーリバウンド効果を
高めるインパクトゾーン。

シャトルコックのコルク部とフェザー部の硬さは異なり、インパクトとリリースのタイミングも異なる。フェザー部を包み込むように柔らかく潰すことでリリース後のシャトルコックの復元を抑え、減速を抑える。

GRAVITAS 8.5-SX GRAVITAS 8.5-SX
GRAVITAS 9.0-SX/GRAVITAS 7.5-SR GRAVITAS 9.0-SX/GRAVITAS 7.5-SR
Concept - Ryoga

スイングパターンを検証し、
開発されたシャフト設計。

スイングパターンに応じるフレックスとトルクセッティングを精密に行うことで、インパクト時におけるシャフトの反発パフォーマンスを最大限に発揮させる。

シャトルコックを押し切るパワースイング シャトルコックを押し切るパワースイング シャフトパフォーマンスマトリックス シャフトパフォーマンスマトリックス
Assault Dive System

「芯を喰らう」
感覚を生み出すフレーム構造。

PYROFIL × EVA

感覚を最大限に感じるために、フレーム外部は強度を高く、内部は柔軟に。

フレーム外部は高強度カーボンプリプレグであるPYROFIL™、フレーム内部には反発素材EVAをフル搭載。

打撃時の衝撃を吸収、押し返すことでシャトルコックのホールディング性能が向上し、より粘りのある打球を生み出す。

搭載機種

GRAVITAS 9.0-SX C.L.
/ GRAVITAS 8.5-SX
GRAVITAS 7.5-SR

PYROFIL™及びパイロフィル™は三菱ケミカル株式会社の登録商標です。
PYROFIL™及びパイロフィル™は三菱ケミカル株式会社の登録商標です。
PE Grip Coat

グリップの角を感じることで、
正確なラケットワークを生む。

グリップ部のウッドハンドルをPEコートでカバーすることにより、ウッド部分の保存性が向上する。グリップの角がはっきりすることで握った時の面の向きのイメージがしやすく、コントロール性の向上が期待できる。

またリプレースメントグリップよりも平均2g軽く、ラケットの全体重量の軽量化・質量配分にも寄与する。

搭載機種

GRAVITAS 9.0-SX C.L.
/ GRAVITAS 8.5-SX
GRAVITAS 7.5-SR

Page Top