テニスガット LAYTEX TOUCH(レイテックス タッチ)|GOSEN

HOME > テニス > UMISHIMA series > LAYTEX TOUCH

LAYTEX TOUCH 「柔らかい」には理由がある

テニスを楽しむウィークエンドプレイヤーの方々が主に使うのはナイロンガットでした。

そのユーザーが求める性能に対して、ゴーセンが出した答え、それが「LAYTEX TOUCH」です。

ナイロンガットを使う理由・求める性能

  • 打感の良さ
  • 柔らかさ
  • ホールド感
  • コントロール性

※2015年ゴーセン実施のWEBアンケート(有効回答数3,051名より)

LAYTEX TOUCHの特徴

1「37島海島型構造」がたわみによる柔らかさを生み出すことで、ボールを包み込むようなホールド感打球感の柔らかさを実現。
2さらに内包されているモノ芯が、打球感が柔らかいだけでなくコントロール性も維持。
3柔らかい打球感で手首・肘に不安のある方にも最適。
物性比較データ

柔らかさを生み出す、ゴーセンの独自技術「海島型構造」とは?

「海島型構造」とはゴーセンが独自開発した、モノフィラメントの中に違う素材を入れることで「単一構造」では実現できない性能を生み出す技術です。「LAYTEX TOUCH」はその技術を発展させた構造から生まれた「柔らかさ」を最大限に引き出すガットです。

海島型構造

LAYTEX TOUCHの「37島海島型構造」

モノ芯(海)の中にさらに細かいモノ芯(島)を1・6・12・18本と積層していく複合構造体がLAYTEX TOUCHの「柔らかさ」の理由です。

37島海島型構造
LAYTEX TOUCH

LAYTEX TOUCH

品番TS750
品名LAYTEX TOUCH
素材・製法特殊海島型ナイロンモノフィラメント
ゲージ1.31mm(16GA)
長さ12.2m(40FT.)
適正テンション45〜55lbs
販売価格本体価格¥3,000+税
MADE IN JAPAN