過去の戦歴|ハイスクールジャパンカップ|HJS|ゴーセン

過去の戦績 2014年

大会要項 (2014年)  
期日 平成26年6月18日(水)〜6月22日(日)※荒天時予備日23日(月)
主催 (公財)日本ソフトテニス連盟  北海道ソフトテニス連盟
主管 北海道ソフトテニス連盟   札幌ソフトテニス連盟
後援 北海道  札幌市 (公財)北海道体育協会  (株)ベースボ−ルマガジン社
特別協賛 株式会社ゴーセン
協賛 JR北海道  ナガセケンコー(株) 他協賛各社
種別 シングルス  高校男子・女子(個人戦) 各64人
ダブルス   高校男子・女子(個人戦) 各72ペア
参加資格 (1)各都道府県代表選手
・男女各シングルス1名、ダブルス1ペアで、原則、各都道府県単位での代表選考大会優勝選手・ペアとする。
・主催者の北海道は、南、北の計8枠とし、同一校からの参加は、2ペア(シングルスは2名)以内とする。

<各都道府県代表選手参加資格 付記条項>
 .瀬屮襯溝緝修離撻△脇碓豺擦料手とする。
◆.瀬屮襯溝緝汁考大会優勝ペアのいずれか一方が出場できない場合は、代表選考大会優勝校の選手から欠員補充を認める。
 ダブルス代表選考大会優勝ペアの両者が出場できない場合は、代表選考大会での次位ペアが出場権を有する。<上記2項・3項は、「都道府県代表は選考大会の成績による選抜」という趣旨の徹底である。>
ぁ‐綉によってもダブルス代表ペアが決しない場合は、該当都道府県の代表選考大会並びに他大会の戦績を勘案し該当都道府県内での適切な代表を選考すること。
ァ‐綉によっても欠場ペアが生じた場合には、原則補充は行わない。
Α,笋爐鯑世座緝汁考大会が実施できない場合は、都道府県より推薦された同一校のペアの出場を認める。
А.轡鵐哀襯垢砲ける都道府県代表の選考については、原則、ダブルスと同様の選考方法とするが、当面の間、都道府県連盟の責任において、選考することを認める。なお、ダブルスとシングルスの出場者の重複は認める。
 ─.轡鵐哀襯垢梁緝汁手が出場できない場合は、代表選考大会での次位の選手が出場権を有する。

(2)主催者推薦選手(スポンサー及び主催者の選考による推薦選手)
)楝膕颪旅餾櫺修忙颪垢觸外国高校選手の推薦枠
各地の本大会に対する夢を拡大するための推薦枠
・ ただし、各都道府県代表校(シングルスは代表選手)を除く。
・ 正規の代表選考大会を開催している県の選手を優先する。
・ 各県の代表選考大会及びそれに代わる戦績報告のうち、原則としてベスト16以上の選手を対象とする。
※上記´∀塙腓錣擦謄轡鵐哀襯垢蓮男女各10人、ダブルスは、男女各18ペア以内とし、シングルスについては、上記のほか、日連が主催するシングルス大会の戦績を選考の参考とする。
会場
開会式・組み合わせ抽選会・レセプション会場 キリンビール園本館中島公園店
(札幌市中央区南10条西1丁目1番60号)
競技全日程 札幌市営円山庭球場・・・人工クレーコート(ブロスガーネット使用)12面
(札幌市中央区宮ヶ丘3番地 (011)641−3015)
大会日程
(1)6月18日(水)
(2)6月19日(木)
6月18日
 仝開練習・・・・・・・・・・(札幌市営円山庭球場) 13:00〜17:00
(12面を開放(予定)。選手・各都道府県で、譲り合って練習をすること。)
6月19日
 仝開練習・・・・・・・・・・(札幌市営円山庭球場)  9:00〜14:00
(12面を開放(予定)。選手・各都道府県で、譲り合って練習をすること。)
◆ー  付・・・・・・・・・・(キリンビール園本館中島公園店) 14:30〜
 組み合わせ抽選会・・・・・・・(    同    上    ) 15:00〜
ぁヽ会式・レセプション・・・・・(    同    上    )    〜18:00終了予定
(3)6月20日(金)  .轡鵐哀襯好函璽淵瓮鵐函複隠果漫法Д戰好硲瓦泙如  〇ニ攣埀脹濟劃躓緇譟。后00〜17:00
◆仝開練習(試合会場4面ほか)
(4)6月21日(土)  .轡鵐哀襯構犒莨  繊〃莨    ΑΓ后00〜(終了後シングルス表彰式)
◆.瀬屮襯考汁リーグ(12面)  シングルス終了後
(5)6月22日(日)  .瀬屮襯昂莨.函璽淵瓮鵐 (8面)・・9:00〜
◆―犒莨 膳莨
 ダブルス表彰式・閉会式   ・・16:00終了予定
競技方法 (1)ルール ・・・当該年度の日連ソフトテニスハンドブックによる(7ゲームマッチ)
(2)シングルス   ・・・64人によるトーナメント戦
(3)ダブルス予選リーグ ・・・1リーグ3ペア・計24リーグ
(4)ダブルス決勝トーナメント・・・各リーグ1位による24ペアのトーナメント戦
(※ 荒天時は、男女各72ペアによるトーナメント戦に変更する場合がある。)
組み合わせ シングルス・ダブルスともに、開会式前に行う、組み合わせ抽選会(フリー抽選)によって決定する。
ただし、北海道代表選手については、準々決勝まで対戦のない形とする。
 (※荒天時のダブルスト−ナメント戦については、同じ抽選番号での組み合わせとする。)
審判 (1)シングルス1日目     ・・・第1試合の審判は主催者で用意し、以後は敗者審判とする。
副審については、主催者で用意する。
(2)シングルス準決勝以降    ・・・主催者審判とする。
(3)ダブルス予選リーグ     ・・・第1試合の審判は主催者で用意し、以後は敗者審判とする。
(4)タブルス決勝トーナメント ・・・主催者審判とする。
参加申込 (1)北海道ソフトテニス連盟ホームページハイスクールジャパンカップ専用サイトにおいて参加申し込みをすること。受付期間は、平成26年2月1日から4月30日までとする。
(2)最終事務連絡(公開練習・開会式・レセプションなど、細部にわたる案内)を平成26年5月20日までにホームページに掲載するため、必ず確認をすること。
(3)最終報告書の提出期限は、平成26年5月31日(金)とする。※期限厳守
(4)やむを得ない事情により締め切りに間に合わない場合は、必ず事前に事務局へ連絡し、承諾を得ること。

参加費用
(1)大会参加料   選 手  シングルス 2,000円、ダブルス4,000円(1ペア)
            (会員登録制度未登録者は、シングルス3,000円、ダブルス6,000円とする。)

(2)レセプション代
選  手 1人 3,500円
◆ ̄援選手 1人 3,500円
監  督 1人 4,000円
※組み合わせ抽選会・開会式・レセプションは、会場の都合により、保護者は参加できません。

納入方法
  参加費用(大会参加料・レセプション代)は、参加申込後、同封の振込用紙を利用いただき、通信欄に必ず内訳を記入のうえ、速やかに送金すること。
※送金は、当連盟の経理上の都合により平成26年4月1日以降とする。
   郵便振替口座  02760−4−7927  北海道ソフトテニス連盟
出場に要する交通費、宿泊費は、出場者の自己負担とする。
参加の条件 (1)ユニフォーム及びシューズ等は、連盟が公認したメーカーの製品を着用すること。また、本大会の特別協賛スポンサーよりユニフォーム等の提供があった場合は、開会式・試合・閉会式で必ず着用すること。
(2)ラケットは、連盟の公認マークが添付されたものを使用すること。
(3)開会式には所定時刻までに会場に集合し、必ず参加すること。
(4)会員登録証(登録会員)、公認審判員ワッペン(認定書も可)・イエローカードを携行すること。
(5)参加者は、大会期間中の健康管理に十分留意すること。
(6)ゼッケンは、日連の規定に準じたものを各自用意すること。(今年度から主催者は用意しません。)
選手・監督変更届について (1)選手変更は、都道府県支部長もしくは、都道府県高体連専門委員長の許可を必要とする。原則として、診断書を提出する。
(2)監督の変更は、所属学校長の許可を必要とする。
その他 宿泊・旅券・弁当等について
宿泊、交通、弁当の斡旋をします。6月は、北海道での観光やコンベンション等が、大変人気で、ホテルの確保が困難な時があります。「JR北海道」が手配等を行いますので、同封の資料をご確認のうえ、ご利用をお願いします。
大会期間中における連絡関係及び緊急時の対応も容易になることから、是非、ご利用をお願いいたします。

〔申込先・連絡先〕
〒062-0905 札幌市豊平区豊平5条11丁目1番1号 
北海道立総合体育センター内 北海道ソフトテニス連盟
011-820-1730 Fax050-5501-8761
E-mail:info@hokkaidosofttennis.com

申込先・連絡先

  • 〒062-0905
  • 札幌市豊平区豊平5条11丁目1番1号
  • 北海道立総合体育センター内 北海道ソフトテニス連盟
  • TEL:011-820-1730
  • FAX:050-5501-8761
  • E-mail:info@hokkaidosofttennis.com

▲ページのトップに戻る